猫とワタシ

やっぱりBUHIが好き

フレンチブルドッグ はなとゆき の のほほんな日々

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する『ひまわりと子犬の7日間』

映画

先週末、papaさんのリクエストで観てきたのが『ひまわりと子犬の7日間』。

himawaritokoinu.jpg 
  動物管理所に保護された母犬と三匹の子犬。
  引き取り手がなく7日後には消されてしまう小さな命を前に、
  ひとりの管理所職員と彼の家族がとった勇気ある行動とは?


宮崎県の中央動物保護管理所で起こった実話をもとにした映画です。

「BUHI」春号でも、犬の殺処分について触れられていましたね。
年々、その数は減少傾向にあるといえ、まだまだ膨大です。

保健所での収容期間は実際にはもっと短いようですし
なんだか身につまされる映画でした。

飼い主を追ってさまようひまわりの姿は健気で涙を誘います。
万が一、はなやゆきがどこかで迷子になったら・・・
そんな事が頭をよぎって、ゾッとしました。

ちょっと出来過ぎてる感がありますが、分かりやすいストーリーなので、
親子で観るのもいいと思います。
命について語り合ういい機会になるのではないでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。