猫とワタシ

やっぱりBUHIが好き

フレンチブルドッグ はなとゆき の のほほんな日々

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する邦画3本

映画

先月末からGWにかけて、邦画を3本観てきました。
忘れないうちに記録しときます。 ((φ(-ω-)カキカキ


『藁の楯』
藁の楯 
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、殺人鬼を殺したら10億円を支払うという新聞広告を掲載。
日本中がにわかに殺気立ち、身の危険を感じた犯人の清丸国秀は福岡県警に自首する。警察は
警視庁警備部SPの銘苅一基、白岩篤子ら精鋭5人を派遣し、清丸を福岡から警視庁まで移送させる。
しかし、清丸への憎悪と賞金への欲望にかられ、一般市民や警護に当たる警察官までもが5人の行く手を阻む。


松嶋奈々子のSPっていうのが初めはピンとこなかったけど、
観てるうちになんとなく馴染んできました。
大沢たかおはもちろんピッタリ。

今回悪役の藤原竜也、いい俳優さんなんだけどねぇ。
どうしても演技が舞台チックな感じがしちゃって。
岸谷五郎もそうなんだけど、滑舌良過ぎ。
口の開きも発声練習並みだし・・・まぁ、それも逆に面白かったけど。
でも映画としてはよかった。私は好きです。
大部分が名古屋の官庁街や三重の四日市港など東海地方で撮影されているという点も
見どころですよ。



『図書館戦争』
図書館戦争 
あらゆるメディアを取り締まる「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた正化31年。高校時代に図書隊に救われ、
強い憧れを抱いて自身も図書隊に入った笠原郁は、鬼教官・堂上篤の厳しい指導を受け、女性隊員として初めて
図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に配属される。個性的な仲間に囲まれ業務に励む郁は、かつて自分を
救ってくれた憧れの隊員とは正反対のはずの堂上にひかれていく。

原作は「フリーター、家を買う」や「阪急電車」の有川浩。
「空飛ぶ広報室」のドラマ化、「県庁おもてなし課」の映画化など
次々と作品が映像化されてます。

主演は鬼教官の堂上を演じる岡田准一と新人隊員の郁を演じる榮倉奈々。
このふたり、ダ・ヴィンチのもしも「図書館戦争」が実写化されたら主要キャラクターを
演じるのは誰?という企画で1位のコンビでしたね。

岡田くん、やっぱカッコイイ♡
彼は「カリ」「ジークンドー」「修斗」の3つの格闘技を習得していて
そのうち「カリ」と「ジークンドー」は師範の資格を持っているそうです。
実際アクションシーンはめちゃめちゃ迫力ありましたよ。



『舟を編む』
舟を編む 
玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。
個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。
言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。


上の2本と全く違って、ほっこりする映画です。
出てくるのはみんないい人だし。
そして、ところどころ「クスッ」って感じにちょっと笑える。

辞書ってどうやって作ってるかなんて考えたことなかったけど、
主人公の馬締光也にとって辞書作りはまさに天職。
演じる松田龍平がまた上手い。
オダギリジョーもいい感じでした。
実は二人とも今まであんまり好きじゃなかったけど、
この映画で観方が変わったなー。

でもこの映画、展開が淡々としているので、人によっては好き嫌いが分かれるかも。





「邦画はどうせすぐテレビで放送するし、迫力もないし」って思って
今まであんまり観なかったんだけど、最近は面白いものが多くなりましたねー。
3本立て続けに邦画を観るなんて、今までなかったことです。
まぁ、洋画の字幕読むのが億劫になってきたっていうのもありますが。(苦笑

一通り気になってた邦画は観ちゃったので、次は「アイアンマン」あたりの洋画かな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。